新着


【悲報】理系女さん、文系に『 エ グ い ド 正 論 』をぶちかますwwwwwwww
【画像】胸の大きいJKさんの競泳水着エ□すぎる
行きつけの居酒屋の従業員一同から嫌われてる事が判明したwww
おまえらが知ってる北海道のありったけの知識書いてけーー!!
今までで一番ワクワクしたゲームのPVといえばww
なんJ深夜の未解決事件部

【人工知能】マイクロソフトが麻雀AIを開発 「天鳳十段の実力」

1 名前:サーバル ★[] 投稿日:2019/09/02(月) 21:36:07.47 ID:djH3QrHQ9.net
マイクロソフトが麻雀AIを開発 「天鳳十段の実力」
日本マイクロソフトが麻雀AIを開発した。人間のトッププレイヤーに匹敵するレベルだという。

[村上万純,ITmedia]
2019年8月29日
 日本マイクロソフトは8月29日、人間のトッププレイヤーに匹敵する強さの麻雀AI「Suphx」(Super Phoenix、スーパーフェニックス)を開発したと発表した。国内最大級のオンライン麻雀サイト「天鳳」で、AIとして初めて十段に到達した。


 研究開発機関のMicrosoft Research Asiaが開発した。Suphxは19年3月、4段以上のプレイヤーのみが参加できる天鳳内の「特上卓」に出現。人間のプレイヤーと5000回以上対局し、6月に十段になった。天鳳のユーザー数は33万人で、19年8月時点で十段を維持するプレイヤーは12人しかいないという。


 麻雀は、対戦相手の手牌などの情報が把握できない「不完全情報ゲーム」だ。自分の手牌と捨て牌以外の情報が分からず、運の要素も大きいため、AIで解析するのが難しいとされている。

 Suphxでは、与えられた環境における価値を最大化するようにエージェントを学習させる強化学習(reinforcement learning)の手法をベースに、同社で独自のアルゴリズムを開発した。全8局を1ゲームと捉え、1ゲームの総得点が最大化するような戦略をSuphxが考えるという。



 学習の初期段階では、対戦相手の手牌や山の中の牌など、本来なら隠れている情報を全て公開して自己対戦を繰り返した。隠された情報がある状態で学習するよりも、学習効率を向上できたという。

 日本マイクロソフトは、不完全情報ゲームのAI開発で培った知見を産業に応用する考え。自動運転や金融投資など、未知の情報が多く、偶発的な要素に影響を受けやすい領域での問題解決に役立てたいとしている。
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1908/29/news125.html

https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1908/29/mmmajanai_01.jpg


2 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/09/02(月) 21:36:30.62 ID:4g5/GhWg0.net
河が汚い

3 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/09/02(月) 21:37:04.79 ID:JiXIXbHZ0.net
>>2
ムズムズするよな

[ 2019/09/03 11:08 ] 科学 | TB(-) | CM(0)

【研究】「女性はマルチタスクが得意」という考えは単なる都市伝説であることが研究で示される

1 名前:ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe[] 投稿日:19/08/15(木)17:47:01 ID:Zol
!jien

「男脳・女脳」といった考えはいまだ根強く残っており、その1つとして「女性は男性に比べてマルチタスクが得意」というものがあります。最新の研究では、この考えが否定され、
「マルチタスクは全ての人が苦手である」という結論が示されました。
(中略)

マルチタスクは複数の作業を同時にもしくは短時間に並行して切り替えながら実行する行為のこと。あるタスクから別のタスクへと素早く頻繁に注意を切り替える必要があるので、
単一のタスクを集中して順番に行うよりも、高い認知力が要求されます。

マルチタスクへの注目は近年高まっており、これまでの研究では「人間は複数のタスクを同時に行っているのではなく、タスクを切り替えているだけで、一度には1つのことしか行っていない」
ということが示されてきました。しかし、人間の脳はアクティビティを切り替えるのが得意であるため、人はあたかも自分がマルチタスクを行っているかのように感じるそうです。

新たな研究では男性48人、女性48人に対し、数字と文字を認識するテストを行ってもらいました。実験は、被験者が同時に2つのタスクに対して注意を払う必要があったり、2つのタスクへの注意を
切り替える必要があったりするものでした。研究者がそれぞれの被験者の反応速度と正確性を測定したところ、マルチタスクは反応速度と正確性の両方に影響を与えることが反応しました。
そして、この傾向は男女で変わらなかったとのこと。

また、男性は女性に比べて「部屋の汚さに気づかない」といわれることがありますが、この点に関しても研究者は別の実験を行っています。この結果、男性と女性で部屋の汚さの評価が同じであることが示され、
男性は部屋の汚さに気づかないのではなく「女性は男性よりも部屋のきれいさに対し高い標準を持っている」だけだと結論付けられました。
(以下略)

Gigazine 8月15日
https://gigazine.net/news/20190815-women-multitaskers/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 97◆◆ !max700
https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563935000/l30


2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/08/15(木)18:11:37 ID:nd.qm.L14 [1/2]
男でも地図見れない人もいるしな


3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/08/15(木)18:28:06 ID:pA.aq.L4
オカンが子供の世話しながら家事できるのは必要だからやってるだけでオヤジでもやる気あればできると


4 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/08/15(木)18:32:00 ID:ZG.ha.L1
男性は一つのことにしか集中できないけど女性はマルチタスクができるの
と得意げに語っていたおばさんたちは涙目だな


[ 2019/08/16 18:04 ] 科学 | TB(-) | CM(0)

五輪、暑さ対策として多額の税金をかけて遮熱性舗装→逆効果でした

1 名前:[] 投稿日:2019/08/13(火) 13:17:11.45 ID:SloK/xZs0●.net ?2BP(2000)
http://img.5ch.net/ico/u_pata.gif
◆肝いり暑さ対策の「遮熱性舗装」が逆効果との研究報告
こうした対策のひとつとして道路の表面温度を下げるとされる「遮熱性舗装」の整備が進められてきましたが、熱中症の対策に詳しい東京農業大学の樫村修生教授の研究グループの検証によると、逆効果になってしまうケースがあることが判明しました。

晴れた日の日中に「遮熱性舗装」と「通常の舗装」の路面での気温の差を比較する調査を行ったところ、「遮熱性舗装」を施した道路の表面温度は国の調査と同様「通常の舗装」により10度前後低くなりました。
しかし高さ50cmと1m50cm、2mの空間の気温ではいずれも「遮熱性舗装」の平均気温が高くなっていました。特に日射が強かった日には平均の気温が1.5度程高く、最大で3度以上高い時間帯も。

続きはソースでhttps://www.excite.co.jp/news/article/Buzzap_58163/


3 名前:[] 投稿日:2019/08/13(火) 13:18:05.99 ID:+qoZB4Rl0.net
もう都内全域に屋根付けろ

[ 2019/08/14 12:00 ] 科学 | TB(-) | CM(0)

ついに始まる、脳直結インターフェースの時代。イーロン・マスクのAI危機対策として

1 名前:■忍【LV14,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[] 投稿日:19/07/18(木)13:26:57 ID:???

「こいつ、直結脳内に…!」なんて驚かなくなる未来。

2019年7月17日のお昼過ぎ、イーロン・マスクとNeuralink(ニューラリンク)のメンバーたちが、
約2年の静けさを破ってその事業内容を公開しました。脳直結インターフェースの開発です。

なぜ開発しているのか、どう作るのか、使うとどうなるのか。
一気にカバーしていきたいと思います。
AI(人工知能)の進化に対抗したくば、EI(拡張知能)に頼るしかないかもしれない…。
でもその未来は明るく楽しいはず!

イーロンの対AI戦略
Neuralinkの目標は、人類がAIと拮抗できるようにすることです。ホーキング博士が危惧
していたように、イーロンもいずれAIが人間の手には負えなくなることを危険視していました。
たとえ人間のために作られたAIだとしても、AIの自己進化はいずれ想定を超える事態を
巻き起こす可能性がとても高い。
もしそうなったら人類は自らより賢くなったAIを止められるのか? おそらく無理でしょう。
アリが人間の行動を理解できないように、人間もAIの意図を理解することなく滅亡するはずです。

こういった人類の危機は、イーロンの問題解決意欲に直結しています。楽観視せずに現実的な
対抗手段を持とう。
で、開発した対抗手段でより明るく楽しい未来が作れたら一石二鳥でサイコーじゃないか、
といった具合に。
たとえば地球温暖化の危機に対しては、乗るのが楽しい電気自動車Tesla(テスラ)を。
道路の渋滞に対しては、みんなが使える地下トンネルBoring Company(ボーリング・カンパニー)を。
そして地球全体の危機に対しては、サイコーの火星植民地を作るSpaceX(スペースX)を。
その一環で、AI危機に対する対抗手段がNeuralink(ニューラリンク)というわけです。

AIの進化が現実的に止められないのであれば、人間がAIと対等に渡り合える知能を手に
入れればいい。でも生物学的な進化は待ちきれないから、技術的に知能を拡張するしかない。
いっけん突拍子もない事業に見えるNeuralinkですが、その真意は人類を救うためなのです。

まずはニューロンと仲良く………(以下略)



gizmodo /2019.07.17 08:33 PM
https://www.gizmodo.jp/2019/07/neuralink-hello-world.html
--------
!jien【お知らせ】
*コピペなどの荒らしが現れましたら、
通報協力(左上のボタンから、「運営アク禁」お願いの
書き込み)をお願い致します。
--------


2 名前:ツチノコ狩り[] 投稿日:19/07/18(木)13:29:53 ID:wr.0f.L6 [1/5]
静電気で軽く逝けそうな予感


3 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/07/18(木)13:35:39 ID:pJ.ga.L1 [1/4]
ゴーストがささやきます

[ 2019/07/19 16:02 ] 科学 | TB(-) | CM(0)